第一種・第二種 衛生管理者試験 合格プログラム

1.PNG
2.PNG

人一倍、勉強をしているのに、合格できない・・・
今の勉強方法は本当に効果的だろうか・・・

もしかすると、このように思われているかもしれません。

あなたは、どうすれば第一種・第二種衛生管理者に合格すると思いますか?
合格するための効果的な勉強のコツはご存知でしょうか?

基本的テキストを読んで「ひたすら暗記する」「過去問教材で勉強する」

いいえ・・
これだけでは、時間がかかったり、よけいな努力で合格はできますが、効果的な勉強法ではありません。

このような勉強方法は、私から言わせれば数世代前の勉強方法といわざるを得ません。

「じゃあ、一体、どんな勉強をすれば・・・?」

実は短時間で第一種・第二種 衛生管理者試験に合格するのは簡単なんです。
第一種・第二種 衛生管理者試験に合格するのは決して難しくはありません。

3.PNG

とても難しい勉強方法ではないんですか。
特別な環境が必要なのでは。
忙しい私には無理だろう。

ご安心ください。とても簡単で、誰でもできます。
決して「難しい勉強法」ではありません。

実は、大きく分けて、「第一種・第二種衛生管理者試験」に合格するための勉強法は
たった3つのことを意識しながら勉強するだけなんですよ。

4.jpg

どうでしょうか。
たった3つ。すごく簡単だと思いませんか?
この3つを意識して勉強することが大前提になります。

「本当に、誰でも合格できるのでしょうか。」

ほとんどの方は少なからずともそのような心配をされていますが、
私が教えた生徒は、ほぼ「第一種・第二種衛生管理者試験」に合格しています。
その実績が買われ、全国で「第一種・第二種衛生管理者試験」の講師として教えています。

実践したら、このプログラムは短期間で効率的に
『第一種・第二種衛生管理者試験』に合格できる可能性があり、
より効率的な勉強法で、間違った無駄な努力と余計な時間がなくなるかもしれません。

あなたが、
簡単に合格したい。
短時間で効率良く勉強したい。
楽に合格したい。
正しい勉強法を知りたい。
と考えているなら、このプログラムはあなたにとって、とても重要なものになります。


5.jpg

私自身、以前は船乗りをしていました。
これまで国家試験40種類に合格してきましたが、
初めての試験は「特級ボイラー技士」という難関資格でした。

この試験は1年に1回して実施されませんので、独学で5年間勉強して5回目の試験で
ようやく合格しました。

この体験は決してカッコ良いものでありませんが、
この時に国家試験にラクラク合格する勉強方法を確率させたのです。

実は、このホームページをオープンさせた理由は、とても単純な理由なんです。

現在、正しい勉強方法を知らないで不合格になったり、無駄な努力をする人がとても多いんです。

また大変な努力をしたけど、不合格になってしまったという人もかなりいます。

自己流の勉強は大変効率が悪くて、モチベーションも低下してしまいがちなんですね。
合格のコツを理解していないことも原因の1つです。
やみくもに暗記したり、過去問を解くだけでは意味がないんです。

間違った勉強法を続ければ、よけいな時間がかかり、結果は不合格ということもありえます。

ですから私は、全ての方に、少しでも簡単に効率的に「第一種・第二種衛生管理者試験」を
合格する方法を知ってほしいと考えたんです。

そんな思いから、この「第一種・第二種 衛生管理者試験 合格法」プログラム」を作って
提供することにしたんです。

「第一種・第二種 衛生管理者試験 合格法」プログラムは時間のない方のために開発しました。

「第一種・第二種衛生管理者試験」に合格したいけど、

専門用語が覚えられない。
記憶力に自信がない
勉強する時間がない。

スキマ時間で秘密のテキストで重要ポイントのみ暗記する

時間がないときでも簡単!
48ページのテキストだけで合格する

独自の手法で、長年過去問を分析して集計した48ページのテキストを覚えるだけで、
「第一種・第二種衛生管理者試験」の知識と問題を解く力が身につきます。

6.jpg
7.jpg
8.PNG
9.PNG
10.PNG


詳しくはこちらから
↓  ↓  ↓  ↓


第二種衛生管理者の合格率

続いて、第二種衛生管理者の合格率についてですが、この合格率もそのまま受け入れるのには注意が必要です。
そもそも65%という合格率は、世間一般の人の合格率であって、あなたにとって試験が難しいかどうかは別の問題だからです。
衛生管理者の試験は、誰でも受験できる訳ではありません。学校教育を修了後、一定期間の実務経験等を積んだ人に受験資格が与えられます。
ですから、第二種衛生管理者は、社会人としてある程度経験を積んでいる人たちが受験していると考えられます。
つまり、受験者の知識水準が高いのです。
そういった知識水準が高い人が受験して、65%という合格率となっているのです。
もちろん、あなたが社会人としてある程度経験を積んでいるなら、この合格率はあなたにも当てはまるでしょう。しかし、受験資格をぎりぎり満たし、受験する場合は、難しく感じるかもしれません。
合格率は、物差しの一つですので、過信しないことが重要です。

第一種衛生管理者の合格率

第一種の合格率をそのまま鵜呑みにするのは危険です。なぜなら、第一種衛生管理者試験には2種類あって、その2種類の試験の合計が50%という合格率になっているからです。
第一種衛生管理者の試験には、「第一種衛生管理者免許試験」と「特例第一種衛生管理者免許試験」の2種類があります。
「第一種衛生管理者免許試験」は、通常の5科目の衛生管理者試験になります。
一方「特例第一種衛生管理者免許試験」は、第二種衛生管理者免許を持っている人が受験する第一種衛生管理者試験なのです。
「第一種衛生管理者免許試験」よりも「特例第一種衛生管理者免許試験」の方が、3科目少なく、比較的簡単な試験となります。
また、「特例第一種衛生管理者免許試験」では、第二種衛生管理者の知識を持っている人が受験するので、受験者さんの知識レベルも高いのです。
第一種衛生管理者試験の合格率は、こういった要因から少し引き上げられていると考えられます。
私の受講者さんではありませんが、こういう方が居ました。「合格率を見て、独学で行けるかもしれないと思い、第一種衛生管理者を受験したけど、思いのほか難しくてダメでした。」
このように、合格率が50%だからと言って、甘く見ていると、痛い目に遭うこともあります。合格率は、あくまでもひとつの目安に過ぎないということを、肝に銘じておきましょう。